永住ビザが不許可になった方へ

永住ビザが不許可になると,入管から不許可の通知書が届きます。

その通知書には,永住が不許可になったという趣旨のことは書いてありますが,具体的な理由については一切書かれていません。

そのため,次のような疑問を持たれるかもしれません。

  • すぐに再申請できるの?
  • 不許可理由を知る方法は?
  • 再申請するときの注意点は?

この続きで,それらの疑問にお答えしていきます。

すぐに再申請できるか

はい,すぐに再申請することは可能です。しかし,同じ書類を再度提出したとしても,同じ結果(不許可)になるだけです。

許可を勝ち取るためには,不許可になった理由を正確に把握し,リカバリーした申請をする必要があります。

では,どうすれば不許可理由を知ることができるのでしょうか?

不許可理由を知る方法

不許可理由を知る方法は,ズバリ入管へ行き,審査官から直接不許可理由を教えてもらうことです。

ただし,この機会は一度しかありません。必ず予約が必要です。不許可理由の説明にはプライベートな情報が含まれるため,個室で話を聞くことになります。

この機会を最大限活用し,不許可となった理由をすべて教えてもらうことが大切です。

しかし,入管には不許可となった理由をこと細かに説明する義務はないので,不許可となった理由の一つは教えてくれるものの,すべては教えてくれないかもしれません。

また,永住ビザの審査基準について把握していないと,入管からの説明がよくわからないということも考え得られます。

そこで必要となるのは,ビザ専門の行政書士の存在です。

ビザ専門の行政書士に同席してもらうなら,入管から説明を聞く機会を最大限に活用することができます。

あらかじめ,その行政書士に永住ビザ申請のために入管に提出した書類一式を見せておくなら,さらに色々と入管の審査官に質問し,さらに詳細な点を知ることができます。

そうすることで,その場で再申請することが可能か判断することができる場合さえあります。

ビザ専門の行政書士による「永住ビザ不許可理由伺い同席サポート」

当事務所では,ビザ専門の行政書士が,お客様の永住の不許可理由伺いに同席する「永住ビザ不許可理由伺い同席サポート」というサービスを提供しております。

このサービスには,

  • 不許可理由の初期調査
  • 入管での永住不許可理由伺いの同席
  • 再申請できるかどうかの具体的なアドバイス

が含まれています。

永住ビザ不許可理由伺い同席サポートの料金表

業務内容 報酬額
永住ビザ不許可理由伺い同席サポート 25,000円

※交通費は,上記の料金に含まれております。
※上記の報酬額には、消費税は含まれていません。

ただし,金沢・富山・福井出張所(名古屋入管管轄)での理由伺い限定です。

永住ビザが不許可になりお困りの方は,ぜひ本サービスをご活用をご検討ください。

お電話・メールとも初回相談は無料です。メールは以下のフォームから送信ください。

  • メール相談は24時間承っております。お急ぎの方は電話相談もご利用ください。

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

ページトップへ戻る