法的保護講習の講師をお探しの監理団体様へ

技能実習生は,入国後,日本の各種法令を理解するために「法的保護講習」を受講することが義務付けられています。
では,だれがその講習の講師を務めるでしょうか?

「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律施行規則」の10条2項7号ロ3にはこうあります。

(3) 出入国又は労働に関する法令の規定に違反していることを知ったときの対応方法その他技能実習生の法的保護に必要な情報(専門的な知識を有する者(第一号団体監理型技能実習に係るものである場合にあっては、申請者又は監理団体に所属する者を除く。)が講義を行うものに限る。)

ここから,監理団体の職員でなく,かつ,出入国又は労働に関する法令についての専門的な知識を有する者が講習の講師を勤めることがわかります。
そして,多くの監理団体では,行政書士や社労士に講師を依頼されているようです。
それは,

  • 出入国の法令に詳しい専門家=(入管業務をしている)行政書士
  • 労働法令に詳しい専門家=社労士

であるからです。

当事務所の行政書士の〇〇は,石川県内の2つの監理団体様からご依頼を受け,これまで20回以上,法的保護講習の講師を務めさせていただきました。(2020年5月時点)

 

当事務所に講師を依頼することのメリット

法的保護講習を行うときには,以下の点に特に気を配っています。

簡潔でわかりやすい表現をすること

技能実習生が十分理解できるよう,また,通訳者が通訳しやすいように,簡潔でわかりやすい表現を使い説明しております。

話ではなく討議形式で講習をすること

ただ単に本を読み合わせたり,話を延々とするような講習では,技能実習生は飽きてしまい,十分な益を受けることではできません。
そのため、討議(ディスカッション)形式で講習を行なうようにし,具体例を多く含めるなど,有意義な講習を行う工夫をしております。

法令違反による結果を十分理解してもらうこと

講習の際に一番強調していることは,法令違反をしても実習生のメリットには決してならないという点です。
そして,失踪やアルバイト(資格外活動)をするなら,将来の可能性を含め,どんなに大きなものを失ってしまうのかを様々な角度からお伝えするようにしています。
そうした結果,監理団体様からは,失踪件数が大幅に減ったという喜びの声を頂いています。

法的保護講習の講師の料金表

業務内容 報酬額
法的保護講習講師(8時間) 40,000円

※上記の報酬額には、消費税は含まれていません。
※別途,交通費を頂戴しております。

入管法や技能実習法に精通した法的保護講習講師をお探しの監理団体様は,どうぞお気軽にお問い合わせください。

お電話・メールとも初回相談は無料です。メールは以下のフォームから送信ください。

  • メール相談は24時間承っております。お急ぎの方は電話相談もご利用ください。

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

ページトップへ戻る